しっぽきり

 マジンガーというよりダイナミックというか。
 気楽なりAmazonプライム。
 テレビシリーズは未見、知名度のわりに見にくい70年代ダイナミック作品。
投手部門1位は大谷翔平…テレビ朝日系「プロ野球総選挙」 ラストに星野さん追悼も

 いくらなんでも早いんじゃないかと思いつつも、まあ、ガチで投票してしまうとこういう結果にもなるのかなと。
 ただ、大谷選手のキャリアがある程度固まったときにどう思うかは、ちょっと想像がつかないですね。二刀流を成立させたというのは比べるもののいない偉業ではあるけど、投手としてはともかく、打者としては規定到達は難しいだろうし……。いや、そもそもメジャーでどうなるかというのもあるし。


〇ポプテピピック

 「一発かまさないといけない」空気はあったしなあとは思いつつも、それで30分は持たないかなあ。
 ゆゆ式やごちうさみたいなつながりのある4コマと違って、(出会い的なテーマに沿っていた感じはあったものの)内容はバラバラの4コマをベタにアニメ化したものを30分(再放送あったりはしますが)となると、ダレるというか多少疲れました。
 
星野仙一氏死去 がん闘病…「燃える男」「闘将」突然すぎる70歳

 情報を知った瞬間ちょっと理解ができませんでした。
 いろいろとある方でしたが、楽天監督時代、知る限りでは一貫して、「被災者の苦労を和らげる」という言葉の選び方をしていたのが強く印象に残っています。
 2013年の優勝、本当にありがとうございました。



 今年もよろしくお願いします。あたりのお酒が引けたのでいい正月でした。

 パソコンの環境も整ったので、まあボチボチと。

〇はじめの一歩

 ああ、こういう感じで会話する会長と一歩見るの初めてだなと感慨深かったです。
 それはそれとして、今やめれば少なくともひどく不幸にはならない潮時、を無視して人外の領域に突っ込むみたいな流れだとは思うんですが、どうなるか。
 パンチドランカーで比較されやすいあしたのジョーは、時代が違うのもありますし、なんだかんだ後半は丹下のおっちゃんの比重が軽くなっていくのに対して、一歩の場合は鴨川会長の比重がむしろ重くなっているわけで。そこでドランカーを自覚している一歩を続けさせる会長の責任は? みたいな話をどう押し切るのかな。