しっぽきり

 最終回まで見てという事で。
 現役時代、監督時代のエピソード、戦術論……は薄く、どちらかというと故郷とも言えるアヤックスとの愛憎が印象に残りました。晩年のアヤックスとの軋轢についての主張(悪くとれば自己正当化)の為に書かれたというよりは、最近のトピックだからそうなったのか。後はアメリカ時代に、真に合理的なスポーツ文化を学んできたぜ! とか。少なくともサブタイトル通りの本かと言われれば「?」という感じ。サッカー史上でも最大級の偉人・クライフ氏、最後の自伝だからそういうサブタイトルをつけたくなるのもわかるけど。
 和訳されているだけでも何冊かあったと思うので、現役、監督時代のエピソードに関してはそっち読んだほうが良さそう。
 
 【第一版】2017年にFGO始めた貴方に贈る三ヶ月で終局特異点へ到達した僕が使った全く困らない星3以下のサーヴァントの記事 セラミックロケッツさん

 相手のクラスにもよりますが、クー・フーリン、ダビデ、ゲオルギウス先生はコスト面も含めて常連。使い方が良く分かってないだけで使えるというケースが多いので、興味深いです。>ジルは初期からいるのにあんまり使ってなかった


○モバプロ2 レジェンド

 始めた、という程把握してるわけでもなく、何か貯まったらガチャを回して「今日はこの選手かー」したいなぐらいの気持ちで。それでもオーダーまで購入対象なのはちょっとどうかなと。
 ユーザー間でのリーグ戦はあまり……。最終的に(下手なので)勝てないのは分かっているし、試合数が足りなくて個人成績も微妙な感じになりやすいし。パワプロのペナントモードみたいなのがあるといいんですが>パワプロのペナントモードをやれば解決するのでは

.