しっぽきり

〇あぽくりふぁイベント

 降ってわいた動画配信サイト契約欲求と合致して、原作を見ていたおかげで時々ウルッと来るシーンもあったりでシナリオ的には楽しめました。ジャンヌが出ないのも、出たら出たであのラストの味消しになってしまうので、まあ。
 まあおいしいイベントではあったのは確かだし、特攻礼装付けてワンパンで敵が沈んだぜ! というのは楽しいし、イベント周回なら高レアもOKの自分ルールで高レア投入できたのも楽しかったんですが、レイドはタイミングがかみ合わないと合わないなあという当然の結論に。あとドラクルコインが集まりすぎて、もうシナリオ終わった時点で完全に無用の長物に化してしまったのはなんだかなあと。
 あと鷹揚にスルーしたつもりでいたけど、孔明やっぱりいるわ……。NP計50%は得難いアレだった。

〇イニエスタin神戸?

 三木谷社長絡みもある飛ばし記事かなと思っていたら、具体性があるっぽい報じられ方をしていて、ビックリというか。
 トーレスに5億はまあ実際来るならそれぐらいだろうなと思うのですが、イニエスタで32億とか言われると想像を絶っする話ですね。選手も額お破格。サッカー史上の位置づけでもジーコ以来の大物、になるのでしょうか。
 これこれの続きという事で。
 全部書き直しもアレなので、大きく印象が変わったサーヴァントと、アレ以降来たサーヴァントを対象に書いていきます。
イチロー事実上引退…マ軍特別アドバイザー就任、来季以降は試合出場可能

 何と言えばいいんでしょうか。
 正式発表されたわけではないですし引退報道があったのが撤回されたらしいので、これも確定なのかはまだ分からないといえなくもないですが。
 マーリンズ退団の時点からいよいよ厳しい感じはしていて、そこから入団したのがマリナーズ。MLBである程度綺麗に終わるにはこのタイミングが最後のタイミングかな、どうするんだろうと思っていたところにこの報道。
 色々あって調整が順調でなかったというエクスキューズはつきつつも、順調だったとしてどのぐらいなのかなと考えると、事実上引退という流れになるのも、まあ仕方ないことかなとは思います。
 ただ、ちょくちょく言われるMLBのドライさ(勝負の世界の厳しさ)と、現役にこだわるイチロー選手、両イメージからの着地点としてはすごく、こう微妙というか、「お疲れさまでした」と言おうにも「でもまだ引退はしてないんだよな」とストップがかかる割り切れなさというか。東京ドームでの復帰(そして引退、なんだか生涯契約第二幕なんだか)はともかくとして、実際今年も何人かけが人が出たらまた出番がある可能性だってあるかもしれないわけですし。
 まあ数年間プレーしてなかった選手がポロっと引退を言い出すこともあるし、そんなものと言えばそんなものか。今回はチーム公認(?)ってだけで。
 今回の件とは関係なしに、個人的には「その競技が本当に好きなので、ボロボロになるまでやる」は、同じ選手でもそれがカッコよく見える時期と、カッコよく見えない時期があるので、難しいところ。定点観測してると辛い事も多いだろうなとは思います。まあ、余程の観察対象じゃないと定点観測していて楽しいばっかりというのはないし、なんならメッシを見てても、それはそれなりに辛い事はあるのかなとは思います。それこそ全盛期のイチロー選手を見ていても、今日はノーヒットだった、今年は首位打者をとれそうじゃないとかありましたし。まあ、どのみち完全に見てる側の都合ではあるわけですが。


〇本田選手が語る舞台裏

 ベルギー遠征で感じてた選手の間での空気ぐらいにとどまってるといいなあ。いや、まあ、そうだったとしても、それはそれで今この時期にすることかとは思うのですが。
 サッカーについてはちょっと一歩引いてる事は言ってましたが、さすがにもうちょっと醜聞がすぎないかという段階なので、日本サッカー界。
〇ハリルホジッチ監督解任

 優先度が下がっていて、ワールドカップもフルタイムでは多分見ないかなーぐらいに思っていたところですが、まあ、それはそれとして、もう準備期間もヘッタクレもない時期にこういう事になるのかーと多少呆然というか、挙句なんか泥沼化の気配?
 どちらかといえば支持派というか、W杯出場を決めた監督は切れないだろうという論功行賞的な意味合いで、支持も何もという気分でいたのですが、まあ、なんでしょうね、やる気十分だったにも関わらず唐突に解任されたハリルホジッチ監督が気の毒というか、怒りの会見も止む無しですよね……。
 西野代表監督というのは、多少想像というか10年前あたりに、次の代表監督候補一覧にまあなんかあってもおかしくないよねぐらいには考えたこともありますが、こういう形で実現してしまうとは。


〇サッカー自体について

 現代のサッカーに関する戦術的なアレコレを理解できたとして、実際試合見ててそこに当てはめて考えられるのかとか考えていくと、自分の能力では無理だなと分かってきた。そういう状況で、いろんな議論が飛び交う空間を見ていると、まあなんか疲れるなあと。別に代表レベルの話じゃなくても。
 好きな物に対して、好きな物だからこそ怒るとか、まあ単になんか怒るというのはわかるし、私の中でもありますけど、それに耐えてなおガチ勢でいられるほど、私の中でサッカーの優先度はもう高くないなと感じています。もっとも別に元々そんなガチだったかと言われると、そうでもないんですが。
 今回の事とは無関係に、ハイライトやゴール集見て、ああすごいなとか、贔屓の選手がゴールしたとか誰がどこに移籍するとかどこが勝ったとか記事を見てヘーって思ったり、たまたまチャンネル合わせたらやっていて、見て面白かったな、イマイチだったなとか、本を読んでそう考えてたのか/そう正当化するのかーとか、それぐらいで別にいいやと。
 

〇関口選手、ベガルタ復帰

 うれしい。
〇ゴールデンカムイ100話読み

 無料らしいぞという事で、読んでみました。まあなんていうかすごい強い漫画だなと。
 アイヌ、日露戦争(というか203高地)、戊辰戦争の生き残りがギリギリリーチしうる時代背景の妙も感じられて、ぼちぼち追っていきたいです。


〇大谷選手

 とてつもなく凄いことはわかるんだけど、既存の物差しでは測れないので、どれぐらいのすごいのかがよく分からない状態というか。投手としてはともかく規定打席到達は難しいんだろうなあというもどかしさというか。


〇春アニメ

 銀河英雄伝説とかキャプテン翼とかは「え? もう始まってるの?」とびっくりしている始末。ウマ娘は逆に「ついにか!」という感じ。ただウマ娘はそれなりの愛着がある題材(それも見てた時代のウマが主役気味)なので、反応に困りそうなところもありスルー。反応を見てから見放題配信サイトで一気見という手を覚えてしまったので、まあ様子見かなあ(堕落)
 ライブマン感想がズラッと並ぶのもなんかこう、なんかですね。

〇アルトリア(FGO)をお迎え

 「性能的にどうなの?」的な話はチラホラ聞いてましたがシリーズの顔だし単純に嬉しい。同日にラーマ君も来たのには、うれしいながらも種火の都合を考えて来いよとは思いましたが。
 以前は第2スキル解放されればまあ実用段階に入ったなという感じだったのですが、大体使っているサーヴァントが最終再臨を終えてる状態に入ってくると第3スキルも解放されてないとなーという気分になってしまうので、まあ欲張りになったものです。あと10日も早く来てくれれば、保管室に置いてた全種火突っ込んで仕上げられたんですが……。

投手部門1位は大谷翔平…テレビ朝日系「プロ野球総選挙」 ラストに星野さん追悼も

 いくらなんでも早いんじゃないかと思いつつも、まあ、ガチで投票してしまうとこういう結果にもなるのかなと。
 ただ、大谷選手のキャリアがある程度固まったときにどう思うかは、ちょっと想像がつかないですね。二刀流を成立させたというのは比べるもののいない偉業ではあるけど、投手としてはともかく、打者としては規定到達は難しいだろうし……。いや、そもそもメジャーでどうなるかというのもあるし。


〇ポプテピピック

 「一発かまさないといけない」空気はあったしなあとは思いつつも、それで30分は持たないかなあ。
 ゆゆ式やごちうさみたいなつながりのある4コマと違って、(出会い的なテーマに沿っていた感じはあったものの)内容はバラバラの4コマをベタにアニメ化したものを30分(再放送あったりはしますが)となると、ダレるというか多少疲れました。