FC2ブログ

しっぽきり

〇FGO1500万DL

 星5種火とかフレンドポイント召喚でも星4、星5種火が! とかすごいんだけど、現時点だけの話で言うと種火がプレゼントボックスにも溜まってる状態なので、微妙に嬉しくなさもある。とはいえ、貧乏性なのでやっぱり嬉しい。
 アビゲイルは重ねたかったので、とりあえず溜まってる石の分回してみようか。
 星4配布はトリスタン基本線でちょっと考えて、その日の気分次第で。

戦国プロヴィデンス 角川スニーカーコラボ

 2018年になって詩歌さんがゲームキャラになるとは……。
 今後もやり続けるであろう勝手の分かったゲームに少し高めの課金するより、スタートキャンペーンでお得であろうが全然分からない始めたばかりのゲームに課金する方が敷居は高いので、なんかログインボーナスで溜まったら引いて出なければそれまでみたいな感じで。目玉であろうハルヒサイドから、みくるとキョンの2人セットなところに何か微妙な物を感じないではないが、どうなんでしょう?
 というか、それよりザ・スニーカーで新作短編って……(電子書籍待ち)


〇物語シリーズぷくぷく

 触っててたのしーという感じで始めて1ヵ月経つか経たないか。
 グリッドマンのアカネさんの画像を見るたびに、着崩し方とか髪の長さでムシウタの詩歌さんを思い出してしまう勢。

〇ドラゴンボールのアレコレ

 世代が世代なのであまりいい気分はしないにしても「じゃあお前そんなドラゴンボール好きなの?」と言われると迷うところはある。
 ドラゴンボールのある時代に育ちはしたし、お風呂に入るとか歯を磨くとかそういう習慣と同じように「テレビでドラゴンボールを見る」という感じではあったし、大切な作品と言えなくはないけど「好きな漫画10本挙げて」と言われたら多分入らない。まあ自分の子供時代の感性とかそんな信用してないっていう部分も大きいんですが。
 少し前に再読して楽しく読めたんですが、確認としての楽しさみたいなのもあったので、自分の中で客観的に見た自信はないです。まあノスタルジーも娯楽の大きな要素の一つではありますし?
 あ、セル編で血しぶきとか肉片とかやたら飛んでたり、ブウ編でサイヤ人達がそれぞれ遊んだor本気を出さなかった結果、事態が悪化したり長引いたりしていくのは、前者には荒れてたのかなとか、後者には軽い悪意みたいなものは感じないでもなかったです。
 

〇将太の寿司

 スキマで無料配信という事で久しぶりに読んだのですが「ああ、将太君、多分早死にするな……」と感じてしまう徹夜率の高さを今更心配したり。
 ただ作品のほぼ9割を占める「難題→解決」(の中で「悲しい事情を抱えたお客さんを救う人情噺」「クズムーズした奴の鼻を明かす」)の圧倒的なテンポの良さは素敵でした。
〇ギル祭り終了

 なにせギルガメッシュが引けただけで大成功、更には「今やるのもどうかなあ」と思いつつやった幕間という名の強化クエストで強化した宝具が決勝のガーデン級にズバリはまり、高難易度クエストフィナーレを締めくくるという活躍ぶりを見せてくれたので、極限成功というイベントでした。シナリオはピックアップ第2弾と絡めて何かもう一つ底があるのかなと思ってたら、ピックアップ自体がギルガメッシュとミドキャスのみで、薄味な感じで。
 ハロウィン復刻は、林檎とか呼符とか石がちょこちょこもらえるイベントと割り切っていく感じで。


〇巨人軍監督

 時代に合ってるとかはともかく、どこまで生え抜きスター縛りが続けられるか見て見たくはあるけど、まあ関係者は大変だろうなあ。
ハヤテのごとく!はバッドエンドなのか

 畑先生は普段のエピソード群はああいう感じだけど、割と話の芯の部分ではメッセージ性を強く出すところもあるので、まあそんな感じにもなるのかなと納得でした>ナギの財産放棄
 
〇秘封ナイトメアダイアリー

 ここを抜ければ最後の超能力がというところで右往左往中。
 ギミックを見破るとか方法を見つけるとかではなく、ストレートに回避力を要求されると辛いシューティング力。


〇FGO

 孔明を引いたというか、引きに行ってしまったというか。まあなんにせよ、欲しいサーヴァントコンプリートにまた一歩近づいたというか、次のイベントでピックアップっぽいギルガメッシュを引ければ大体完成する、はず。


〇秘封ナイトメアダイアリー

 様子見→なんとなくはまった形を攻略案として上訴→うまくいかなかったりいかなかったりいきかけたりする→うまくいく
 というサイクルで楽しいが、先を考えると大丈夫かなという不安も。一つクリアすれば次の曜日に進めるのが救いですが、さて。
 気持ちよさとしては真ん中に落ちてくるやつはテレポートして、端に落ちてくるやつは撮影で消してのやつが今のところ一番(伝われ)


〇Fate/zeroコラボ

 ボーナス礼装は大体そろってるので、孔明はまあ回すとして、イスカンダルを回すかどうかは……というところ。


〇新井選手引退

 さすがに限界かな? というところで、広島復帰して優勝に貢献してMVPを獲得の流れは見事でした。おつかれさまでした。
〇FGO水着イベント

 計50連で水着BB、水着牛若丸、ジャンヌ、アストルフォと来たのでなかなかの戦果でした。なぜこのタイミングですり抜けてくるジャンヌ……。
 BBちゃん、第3スキルがおかしなこと書いてあったんですが、一体どうなってしまうのか……。

何故かコンテンツを終わらせたがる人たち  不倒城さん 
 
 そんなにそんなに言葉を高い精度で使えるわけでもないので、言葉の鞄の取り出しやすいところにオワコンという言葉が入ってる人というだけの可能性も……というのも考えなくもないですが、まあ言われて気持ちのいい言葉ではないですね。
 反面というか、この件とは離れたところで、流行ってるから楽しいというのもまあ否定するようなものでもないかなとは最近思いますが。

〇久保選手マリノスへ

 そこはそこで今ややこしい事になりかけてるところだけどいいの? という感じがなくもなく。チーム事情との組み合わせとかもあってまあ一概に言えないんですが、どのレベルで期待していいのかまだ分からないというか、年代別で年齢が下ながらも堂々とプレーしてみせた将来性とか、バルセロナへの復帰が内定しているらしいとかそういう段階の要素しかないので、どうなるんだろうなあという感じが。とはいえ今のままでいてもしょうがないと思うのも分かりますし、使ってみたら才能が開花という事もあるんでしょうが。
〇本田選手とカンボジア代表

 さすがに「そう来たか!」という感じではなく、目を疑った類のニュース。
 初めての事をしたいチャレンジスピリットなのかもしれないし、あるいは「あー、お前、あれだろ、マーケティング的にアレしてアレするつもりなんだろう!」的なあれなのかはわかりませんが、まあなんか次元の違うところで生きてるんだなあという印象。


〇FGO水着イベント

 とりあえず正式加入まで終了。
 以下ネタバレ。
 今季はとりあえず「深夜天才バカボン」「トネガワ」「あそびあそばせ」「ちおちゃんの通学路」でローテーションを組んでいます。ストーリー物はまとめて見ればいいやシフトに完全に移行している……。

〇甲子園100周年

 記念のムックやらなにやらが溢れてますが、大谷選手表紙のは「甲子園って括りで表紙に持ってこられるとちょっと」というのが正直なところ。
 清原選手が普通に取り扱われてて少し安心。もちろん消せるような功績ではないわけなので当然といえば当然なのでしょうが。


本田、次の目標は東京五輪OA枠「個人的に運命と感じている」 交渉チームは豪州と明かす

 すごい「そう来たか!」感のある次の目的だなあという感じ。
 とりあえず目的意識がはっきりしているというか、なにがしかブチ上げてきて、それがいくら何でも現実と遊離してない? という事もあったりして、もう少し波風立てずに来ていただけるとありがたかったような気がしないでもないですが、それがらしさというか、そういう選手だからここまで来てるんだろうなとも思う、非常に複雑な感じ。


宇佐美貴史、デュッセルドルフ復帰が決定的。CEO「今週には移籍が成立する」
 
 2部から1部に上がって力関係も変わる中で、相思相愛の関係も変わるのか変わらないのかという点はありますが、まあ一番いい形になってよかったかなあと。
 都市伝説の残像の名残のようなプレーを見るととてもうれしくなるので、なんにせよいい形に転がってくれるといいというか、youtubeのプレー集が長くなるといいねなあぐらいの期待は。
 フレポガチャ感覚で10連回しそうになるぐらいの勢いで石をもらって若干引く。

〇3周年

 シナリオでバーサーカー戦が続いたこともあり北斎欲しいな、アビゲイルやジャンヌオルタが重なってもおいしいなという事でエクストラを選び、無事北斎をゲット、返す刀でそれなり70連ぐらいでスカサハスカディ2枚とこの上ない戦果でした。サリエリは……未所有から一気にマナプリ素材になるとは……。

〇政宗君のリベンジ

 構成上そうなるのはわかるけど、最終回前の引きからこのエンドかあというのは正直。


〇サカつく

 デイリーミッションが手間がかかる割には、という感じでお別れに。
 ゲームやってる期間中、スタミナに困る事は一度としてなかったんですが、それはそれでプレー意欲につながらないもんだなと。
 早く3周年記念でため込んだ石や種火を浪費したいという欲求。

新番組「仮面ライダージオウ」モチーフは時計!歴代平成仮面ライダーの力で戦う

 平成最後だし、20作目の節目だしと考えると、なるほどという企画なんですが最近はもっぱら映画/配信側だった白倉Pがテレビシリーズやるんだという事はちょっと驚きました。ストレートに平成の総括をするのならばたしかに一番妥当かなとは思うのですが。


〇監督事情

 森保監督。五輪との兼ね合いも厳しそうだけど、逆に言えば選手の取り合いみたいな自体も避けられそうではある。
 サッカー界の格としてはもちろんW杯>五輪なのは明らかですが、今回は開催国五輪(+五輪のほうが上に行きやすい、ような気はする)なわけで、そこら辺の優先度とかはどうなるんだろう。

 宮本監督。ガンバを超えて代表のレジェンド(という言葉も何かやたらめったら使うのもどうかなとは思うのですが)なわけですが、選手補強とかしなくて大丈夫と心配になってしまいます。