fc2ブログ

しっぽきり

 時間があった時に噛み合えばぐらいの感じで1年前からプロレスを見ているのですが。

〇ザック・セイバーJr選手対ブライアン・ダニエルソン選手

 世界一のテクニカルレスラー決定戦というニュアンスで、それについてそうだとも大げさだとも思うほどの知識量はないのですが、そうだとしても特別な技術を持った選手同士の対戦というのは分かるぐらいにすごかった。
 一瞬にして変わる攻防のスリリングさと、特にブライアン・ダニエルソン選手の痛めつけ方の徹底的なこと。あの体勢から蹴りあいってできるんだ……。終始痺れるというか興奮してるというか、見られて良かった試合でした。
 直後のオスプレイ選手新日本ラストマッチは、また違った形の極というか。どうなってんだってこの人達……という試合。
 オカダカズチカ選手対棚橋弘至選手は、ストーリーとしてはなんとなくというかさすがに知識としては知っていて、とはいえ棚橋選手の状態を考えればある種の感傷的な試合なんだろうなと思いつつ見たのですが、その中でも餞別のように技を繰り出していってすごいなあと。
 せっかくの毎週1話ずつ配信の機会なので見直すというか、アニメを全話きっちり見た事はないかも? という感じで。
 特に何か解説とかはなく、OP見て音楽佐橋先生なんだーと知ったレベルで。
 欲しいかどうか半信半疑の物でも、次見たら品切れになってたりすると縁がなかったと割り切れたようでいて悲しいものです。

〇パリ五輪
 
 ニュースやらで今年という話を聞いてると、あれ? もう? という感覚があって。
 東京五輪が1年延期になった分でスパンがいつもより短いというのは分かるのですが、年単位でも「もう次の大会?」という違和感みたいなのは生じるんだなあとなんとなく感心したり。サッカーのワールドカップが12月開催だったりというズレも影響してるかもしれない。
 3~4カ月ぶりだけどゲームは進めてるんです。2009年末まで(1カ月ほど前時点)