FC2ブログ

しっぽきり

 グリッドマンのアカネさんの画像を見るたびに、着崩し方とか髪の長さでムシウタの詩歌さんを思い出してしまう勢。

〇ドラゴンボールのアレコレ

 世代が世代なのであまりいい気分はしないにしても「じゃあお前そんなドラゴンボール好きなの?」と言われると迷うところはある。
 ドラゴンボールのある時代に育ちはしたし、お風呂に入るとか歯を磨くとかそういう習慣と同じように「テレビでドラゴンボールを見る」という感じではあったし、大切な作品と言えなくはないけど「好きな漫画10本挙げて」と言われたら多分入らない。まあ自分の子供時代の感性とかそんな信用してないっていう部分も大きいんですが。
 少し前に再読して楽しく読めたんですが、確認としての楽しさみたいなのもあったので、自分の中で客観的に見た自信はないです。まあノスタルジーも娯楽の大きな要素の一つではありますし?
 あ、セル編で血しぶきとか肉片とかやたら飛んでたり、ブウ編でサイヤ人達がそれぞれ遊んだor本気を出さなかった結果、事態が悪化したり長引いたりしていくのは、前者には荒れてたのかなとか、後者には軽い悪意みたいなものは感じないでもなかったです。
 

〇将太の寿司

 スキマで無料配信という事で久しぶりに読んだのですが「ああ、将太君、多分早死にするな……」と感じてしまう徹夜率の高さを今更心配したり。
 ただ作品のほぼ9割を占める「難題→解決」(の中で「悲しい事情を抱えたお客さんを救う人情噺」「クズムーズした奴の鼻を明かす」)の圧倒的なテンポの良さは素敵でした。
 原作は未プレイで。
〇ギル祭り終了

 なにせギルガメッシュが引けただけで大成功、更には「今やるのもどうかなあ」と思いつつやった幕間という名の強化クエストで強化した宝具が決勝のガーデン級にズバリはまり、高難易度クエストフィナーレを締めくくるという活躍ぶりを見せてくれたので、極限成功というイベントでした。シナリオはピックアップ第2弾と絡めて何かもう一つ底があるのかなと思ってたら、ピックアップ自体がギルガメッシュとミドキャスのみで、薄味な感じで。
 ハロウィン復刻は、林檎とか呼符とか石がちょこちょこもらえるイベントと割り切っていく感じで。


〇巨人軍監督

 時代に合ってるとかはともかく、どこまで生え抜きスター縛りが続けられるか見て見たくはあるけど、まあ関係者は大変だろうなあ。
ハヤテのごとく!はバッドエンドなのか

 畑先生は普段のエピソード群はああいう感じだけど、割と話の芯の部分ではメッセージ性を強く出すところもあるので、まあそんな感じにもなるのかなと納得でした>ナギの財産放棄
 
〇秘封ナイトメアダイアリー

 ここを抜ければ最後の超能力がというところで右往左往中。
 ギミックを見破るとか方法を見つけるとかではなく、ストレートに回避力を要求されると辛いシューティング力。


〇FGO

 孔明を引いたというか、引きに行ってしまったというか。まあなんにせよ、欲しいサーヴァントコンプリートにまた一歩近づいたというか、次のイベントでピックアップっぽいギルガメッシュを引ければ大体完成する、はず。


 原作を読み終わったので。主に12巻というかラブのコメ的な意味合いでのアレ。