しっぽきり

 ざっくりと。
○エロマンガ先生

 キャラの大まかな設定とか配置自体は、なるほどよく見る感じなのですが、キャラのパワー自体で押し切られてしまいました。小説愛に回収されていく気持ち良さもありましたし。
 妹物にしなくとも作家とイラストレーターの関係性だけで結構よかったんじゃないかなとは思うのですが、そこはもう妹であることが大前提なのか。
 山田エルフ先生派。


○笑ゥせぇるすまん NEW

 うーん。
 美人局が多かったのと、喪黒さんが直接、あるいは強引に手を下しすぎていて……。
 うそ孫の回は、アイディアが(本当に成立するかどうかは別として)ありそうだったのと、オチがなんとも言えない感じだったのでよかったです。
 レッファイ!




 レッファイ!
「仮面ライダーW」続編がマンガで始動!TVシリーズのスタッフ集結、スピで連載

 所長の名字が照井じゃない事にちょっと驚きつつも、最終回直後という事で納得。
 財団Xとの決着……まではさすがに期待しすぎですか。タイトル的に話を漏れ聞く漫画版クウガのような他ライダー出演はなさそう?
 ウォッチャマンと刃さんは本人そのまま、というか本人たちの顔の決まり具合が尋常じゃないのか。あるいはメインキャラは自分の絵に寄せないと厳しいとかもありそうな気はするけどどうなんだろう。


○スマートフォン版みんゴル

 ちょっと触ってみたのですが、タイミングの取り方が……(へたくそ)
 最終回まで見てという事で。
 現役時代、監督時代のエピソード、戦術論……は薄く、どちらかというと故郷とも言えるアヤックスとの愛憎が印象に残りました。晩年のアヤックスとの軋轢についての主張(悪くとれば自己正当化)の為に書かれたというよりは、最近のトピックだからそうなったのか。後はアメリカ時代に、真に合理的なスポーツ文化を学んできたぜ! とか。少なくともサブタイトル通りの本かと言われれば「?」という感じ。サッカー史上でも最大級の偉人・クライフ氏、最後の自伝だからそういうサブタイトルをつけたくなるのもわかるけど。
 和訳されているだけでも何冊かあったと思うので、現役、監督時代のエピソードに関してはそっち読んだほうが良さそう。
 
 【第一版】2017年にFGO始めた貴方に贈る三ヶ月で終局特異点へ到達した僕が使った全く困らない星3以下のサーヴァントの記事 セラミックロケッツさん

 相手のクラスにもよりますが、クー・フーリン、ダビデ、ゲオルギウス先生はコスト面も含めて常連。使い方が良く分かってないだけで使えるというケースが多いので、興味深いです。>ジルは初期からいるのにあんまり使ってなかった


○モバプロ2 レジェンド

 始めた、という程把握してるわけでもなく、何か貯まったらガチャを回して「今日はこの選手かー」したいなぐらいの気持ちで。それでもオーダーまで購入対象なのはちょっとどうかなと。
 ユーザー間でのリーグ戦はあまり……。最終的に(下手なので)勝てないのは分かっているし、試合数が足りなくて個人成績も微妙な感じになりやすいし。パワプロのペナントモードみたいなのがあるといいんですが>パワプロのペナントモードをやれば解決するのでは

.